なぜ、も亀頭は柔らかい?

勃起した陰茎を触ると硬いですよね。でも、陰茎の裏側はどうでしよう。柔らかいですね。亀頭はどうでしよ う。やはり柔らかい。どうしてでしようか。陰茎の裏側に触るものは尿道 です。おしっこや精液が通る道ですが、尿道海綿体といいます。同じ海綿 体という名前ですが、陰茎海綿体と違って勃起時も硬くなりません。陰茎 海綿体は左右2本で、尿道海綿体は1本です。陰茎海綿体と尿道海綿体は 別物です。尿道海綿体には勃起させる動脈は走つていません。つまり、勃起して陰茎海綿体は硬くなっても尿道海綿体は柔らかいまま。さらに亀頭 は尿道海綿体の延長です。だから、勃起しても亀頭は硬くならないのです。

勃起で陰茎が硬くなる理由は、女性の膣の中にちやんと陰茎が挿入され るようにするためです。2本の陰茎海綿体が硬くなって、女性の膣の中で ピストン運動、専門用語でスラスト運動といいますが、その運動で陰茎に 刺激が伝わり射精に至るわけです。そのスラスト運動を行うためには陰茎 海綿体が硬くなければなりません。しかしその間も亀頭は柔らかいままで す。もし、亀頭が陰茎海綿体と同じように硬さをもつたらどうなるでしよ う。スラスト運動で女性の膣の奥に亀頭が当たるたびに、硬い亀頭で膣の 奥を突いてしまうことになります。膣の奥が傷だらけになります。亀頭が 柔らかい理由は実はクッションの役目なのです。激しいスラスト運動でも 亀頭がクッション的な役割を果たし、膣を傷つけないようにできているのです。人間の体は見事によくできています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です