陰茎の若さを保つ方法

朝立ちは陰茎の有酸素運動!〜陰茎の若さを保とう〜

朝立ちがなくなると、それはEDの始まりです。健康な男性はレム睡眠で夜間4〜5回勃起しますが、これはとても重要 な現象です。陰茎を健康に保つためになくてはならないものです。勃起す るということは、陰茎海綿体の中に酸素の豊富な動脈血が送り込まれてい るということであり、平滑筋である海綿体にとつて大変よいことなのです。 いわば朝立ちは陰茎の有酸素運動、勃起機能を保つためのトレーニングな のです。

もし、陰茎に酸素の少ない状態が続くと、海綿体は酸素不足で障害され、 筋肉の柔らかさを失つてしまいます。そうなるとよい勃起を維持すること ができません。睡眠時無呼吸症候群はEDの危険因子の一つです【ED診 療ガィドラィン,2012】。睡眠時無呼吸症候群になると体の酸素濃度が低下し ます。陰茎への血液中の酸素濃度も低下して、海綿体が障害されます。ま た睡眠時無呼吸症候群で眠りが障害されると、レム睡眠も起こらなくなり、 朝立ちがなくなります。これも海綿体が障害される原因の一つです。睡眠 時無呼吸症候群がE Dの危険因子とされている理由がここにあります。海 綿体の働きを健康に保つためにも、朝立ちはとても大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です