高齢者は射精できない?

射精の時に赤い玉が出れば、それで男としての人生は終了とよくいわれ ますが単なる誤解です。精液に打ち止めはありません。精液は90%以上が 精のうと前立腺というところで作られます。健康であれば、いつまでも精 液は生産されます。定期的に放出することで、新鮮な精液がどんどん作ら れます。むしろ射精しないと、水を出さない水道管と同じで射精機能が錡 びついてしまいます。どうぞ、安心して射精してください。いい歳をして 射精なんて……というのは間違いです。いい歳だからこそ、射精してくだ さい。アンチエイジングにつながります。
残念ながらパートナーに恵まれない方は、マスターベーションで大丈夫。

よい「オカズ(性的刺激)」を求め、よい勃起をして、気持ちのいい射精を しましよう。いつまでも色気を失つてはいけません。たっぷり射精をして 長生きをしましよう。その昔、貝原益軒先生が『養生訓』にて「接 して漏らさず」と唱えましたが、現在は「接して漏らそう」が正解です。

高齢者の射精

75歳以上の高齢者がどんどん増えていく時代です。少子化も進み、高齢 者も健康でしっかりと自立していかなければなりません。経済的にも社会 的にも、若い世代にすべておんぶに抱っこで生きていくわけにはいきませ ん。そのためには、アンチエイジングという単語がキーヮード。病気の予 防、生活習慣の改善、肥満対策、ストレス軽減など、世の中にはさまざま なアンチエイジングに関する本があふれています。皆、アンチエイジング に興味があるのです。
先ほど、いい歳だからこそ射精しょうと述べましたが、人は何歳まで射 情できるのでしょうか。答えは、「死ぬまで可能」です。

男性の性行動は「勃起」と「射精」で完結します。
射精があるということは、よい勃起が維持できているということです。 よい勃起が維持できているということは、
1.テストステロンレべルが維持できている。
2•勃起に関する神経機能が正常。
3•陰茎海綿体機能が正常=血管の働きが正常。
4•性的刺激を積極的に受け入れるよい精神状態である。
そして射精が維持できるということは、
5射精に関する神経が正常。
6•前立腺や精のうといつた射精装置が正常に作動している。
など、男性の健康状態が良好なことを示しています。 男性の下半身が健康であり続ける限り、射精に定年はありません。死ぬまで射精ができるといぅことこそがメンズヘルスにつながります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です